本文へジャンプ

無料一括見積サービス、引越ナビゲーション コシナビのなんでもQ&A!ダンボールの用意、船便や航空便の価格など、様々なご質問にお答えします。

一括見積
  • オンライン見積
  • 訪問見積
お役立ち情報
  • 参加企業一覧
  • 引越しマニュアル
  • コシナビコンシェルジュ
  • なんでもQ&A

引越見積コシナビHOME > なんでもQ&A > 料金について

ここから本文

なんでもQ&A

○○から○○までの引越し料金を教えてください。
料金に関しましては、現在のお住まいの立地条件や引越し先の状況、移動距離やお客様のご家財の量、引越しの日時やプランによっても異なって参ります。
各業者で様々なサービスやオプションを提供しておりますので、一概に料金をお答えすることはできかねますので、一度お見積を取られ、ご自身の引越しスタイルにあった引越し業者を選定されることをお勧めします。
コシナビでも無料の一括見積サービスを提供しております。業者間での価格・サービス等の比較をされる際には、是非ともご活用ください。

▼訪問見積
http://www.koshinavi.com/ikkatsu/homon/
▼オンライン見積
http://www.koshinavi.com/ikkatsu/online/
廃棄物の引取り費用(処理費用)を教えてください。
基本的に、一般家庭のご家財の廃棄処分は各自治体の管轄となり、自治体により料金も異なっております。
ほとんどの引越し業者でも、一部有料で家具等の処分引取りを行っておりますが、自治体と同じように料金は業者によって異なっています。
引越し業者に処理を頼んだ場合、「引越し業者→廃棄物収集業者→自治体」という処分の流れとなりますので、廃棄費用が割高になる傾向がございます。
従いまして、まずは現地の自治体(役所)にご相談なさって、自治体で廃棄できるものは処分し、その後引越し業者にご相談されることをお勧めいたします。
また、廃棄処分をされる事で、ご家財が減る分引越し料金も安くなります。

尚、洗濯機、テレビ(他、エアコン、冷蔵庫)については、業者でも取扱できますが、家電リサイクル法の対象となり、該当の手続きとメーカーリサイクル料+運搬料がかかります。
また、パソコンについては、PCリサイクル法によりご自身で直接メーカーへ依頼することが必要になりましたので、業者では取扱できません。
その他、生ごみ・生活ゴミ類は、役所に申告して収集してもらうなど、ご自身で処分していただかなくてはなりません。
引越し費用を節約するために、本や服などの小物は宅急便で送った方が良いでしょうか?
多くの引越し業者は基本的に、ダンボール1箱あたりに対していくらという料金体系ではなく、家財の容積全体から引越し料金を算出する方法を取っておりますので、宅配便などの別便で送られる必要は無いかと思います。
また、別便となりますと発送や受取などにお手間が掛かる場合がございますので、極力ご家財とご一緒に運ばれる事をお勧めいたします。

コシナビ引越し一括見積サービスはこちら

個人情報は選んだ業者にのみ送信! オンライン見積について

正確な見積金額が分かるので安心! 訪問見積について

サービスの利用はもちろん無料です

▲なんでもQ&A ページトップへ